サービス内容保障制度

小松ビジネススクールでは「サービス内容保障制度」を実施しております。

 サービス業は、物品を販売する事業とは異なる性格を持っています。
 一般的には以下のような特徴があります。
  1.取引の不可逆性(過去のサービスを元に戻すことが不可能)
  2.非貯蔵性(サービスの在庫が不可能)
  3.無形性(形が無くわかりにくい)
  4.非分離性(サービスの提供と消費が同時に行われる)
  5.異質性(サービスの品質が提供を受ける都度異なり均質化が困難である)
 上記より、サービス業とは「品質がわかりにくく、受ける品質が都度異なる」といった観点から、全コースについて「サービス内容保障制度」を実施させていただくことにいたしました。

 具体的には、例えば10日間のコースで初日の受講後「サービス内容」にご不満があり、2日目以降にお越しにならない場合は全額返金させていただくというサービスです。(コースにより、一部テキスト代のみ返金の対象から除かせていただく場合があります。)

 もちろん、当教室ではお客様に対し、最善の準備と豊富な経験をもとにインストラクト(教育)させていただきます。しかし、上記で示しましたとおり「サービス業」であるがゆえに、我々がどれだけ注意をはらってもお客様が不満をもたれることが結果としてあり得ます。そこでこのようなサービスを開始させていただく運びとなりました。

 そもそも、お客様の満足度は「お客様が判断する」ことが大前提であります。しかし、現実の場では提供する側が勝手に判断を行い、お客様の真のニーズを把握しないまま結果としてお客様を逃がしていることがあるのが現状です。

 さらには、当制度の導入により我々スタッフが常に「緊張感」を持ってお客様に接することができ、結果として「サービス品質の向上」につながるものと思っております。